【がんが進行した高齢者では、抗がん剤を使っても効果がない可能性を示す分析結果が出た】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【がんが進行した高齢者では、抗がん剤を使っても効果がない可能性を示す分析結果が出た】

やっと、厚生労働省も、抗がん剤が効かないと認めました。

しかし、アメリカでは、2005年、世界保健機構(WHO)の

下部機関、国際がん研究機関(IARC)の報告で、

悪性リンパ腫、白血病、乳癌、肺癌などに

使われる抗がん剤、シクロフォスファミド

の発ガン性がアスベストと同ランクに位置

ずけられると発表しています。

シクロフォスファミドだけでなく、

免疫抑制剤のアザチオプリン、骨髄腫治療薬の

メルファラン、白金製剤のシスプラチン、

抗生物質ドキソルビシン、植物由来の

エトポシドなども程度はちがっても同じ。

日本は、あまりにも、対応が遅すぎます。

私も、がんの患者さん個人相談をたくさんやってきましたが、

これまで、抗がん剤を使って、死期を早めた患者さんのことを思うと、やりきれないです。

医療現場では、体内で薬を分解する機能が下がった

高齢のがん患者には、若者より量を減らすなどして抗がん剤を使う。

副作用で体が弱りやすく、抱えている他の病気にも

配慮する必要がある。こうした中で、

抗がん剤による延命効果がどの程度あるのか、

これまで十分な情報がなかった。

今回、このような記事が発表されても、

医療現場では、医師も当たり前のように

抗がん剤を使うと思います。

そして、しばらく経つと、この情報も、

薄れて、忘れていくのかなと思います。
そういった意味では、抗がん剤は使いたくはないです。

読売新聞記事↓
https://goo.gl/dhH3dU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*